拓殖大学空手部公式サイト

横組2(和英)C.jpgsp.gifsub_ti.gif

main.png

d01-b2_01.pngd01-b2_01.pngd01-b2_02.jpgd01-b2_02.jpgd01-b2_03.pngd01-b2_03.pngd01-b2_04.pngd01-b2_04.pngd01-b2_05.pngd01-b2_05.pngd01-b2_06.pngd01-b2_06.png

d01-bs.jpgd01-bs.jpgsp.gifd01-bl2.pngd01-bl2.png

拓大空手部について

a0068770_10164854.jpg02船越義珍.jpg義豪.jpg

 拓大空手部の歴史は古く、空手が沖縄から日本へ伝わった草創期である昭和5年(1930年)に設立され、当時船越門下であった高木正朝先輩の提唱により、唐手術愛好会として発足したのが始まりです。流派は空手を日本へ最初に伝えた近代空手の始祖である船越義珍先生の「松濤館流」を継承しており、1924年に最初は慶大、翌年東大、拓大、早大、一橋大、法政大の順に空手部が設立されました。拓大の空手は船越義珍大先生のみならず子息であった義豪若先生の影響を強く受け、基本を重視した伸びのあるシャープで力強い空手が真骨頂であり、その伝統は今日にも脈々と受け継がれています。拓大空手部は空手の草創期から今日に至るまで数多くの先達によって国内はもとより、海外においても空手道の普及・発展の為に指導を担っており、現在は世界10ケ国で18名の先輩方が活躍中です。

 加えて昭和11年に学生空手道聯盟結成の準備、29年には試合規定の骨子を作り画期的な空手の試合化を初めて実現、32年に全日本学生空手道連盟を設立、同年には第一回全日本大学空手道選手権大会(於:旧両国国技館)が開催され、現在加盟校は228校に及んでいます。拓大空手部・拓空会(空手部OB会)共に学生空手道連盟設立当初から深く係わり、空手道の歴史と発展課程の節目・要所において多大な貢献をして来ました。

milk_btn_pagetop.png

shidousya.png

責任者 師範

津山 克典 Katsunori Tsuyama

 空手部師範の津山です。昭和43年に郷里の佐賀より上京拓大へ奉職して、早43年の月日が経ちました。
 一口に43年と言っても決して順風満帆ではなく、伝統と栄光の狭間で存亡の危機に直面したこともありましたが、今日この様に活動出来ますのは大学当局をはじめ各大学空手部のご理解ご協力の賜物と感謝しています。併せて拓空会(空手部OB会)会員諸氏の強力なサポートそして現役部員のさらなる頑張りによって往年の栄光に一歩でも近づくように関係者が一丸となって勇往邁進しています。
 拓大空手部の伝統である基本を忠実に、継続は力なりが息の長い空手に繋がります。

「やる気ある者来たれ!」・・・。

m01.jpg

監督

中 達也 Tatsuya Naka

第85期OB
 監督をやってます中達也です。拓大空手部は永い歴史と伝統を誇り「拓大の空手か、空手の拓大か。」と言われる程、空手の盛んな大学として有名です。そして数多くの優秀な人材を輩出し、国内外に於いて空手道普及の原動力となり各地で活躍されています。

 拓大空手部では「自主独立の気概」を重んじながら各人が修業に励んでいます。、強制や命令ではなく、他人に頼らず自ら考え行動する人間を目指しています。自主的に勉学、そして空手道に真剣に打ち込み、自ら鍛え、心を磨き自己を高めて行くのです。その為にも自主性を重んじ部員間では「和」と「敬」を持って互いに節度ある間柄を構築し、切磋琢磨して行くのが我々拓大空手部の目指す理想の姿です。

 現在四十名の部員が在籍し新たな輝かしい伝統を作るべく日々額に汗をして励んでいます。

m02.jpg

コーチ

谷山 卓也 Takuya Taniyama

第86期OB
 拓大空手部は80年という永い歴史の中で、世界各国で日本の武道である空手道の普及発展の為に活躍されている数多くの諸先輩を輩出した伝統ある部です。

 日本国内に於いても空手道を通して競技活動や青少年の育成に力を入れながら、自らも率先して正しい空手道普及の為に、日々修練を積んでおられる方が大勢おられます。

 拓大空手部で培った精神力、技術力は将来必ず自分の支えとなる筈です。国内外を問わず色々な分野で活躍を考えているチャレンジ精神を持った学生を待っています。

m03.jpg

過去の戦績(学連主催大会結果)